Homeより、トレッキングとリンクをたどるとこの文章「山で一風呂、鑓温泉スキーツアー」に行きつきます。

山で一風呂、鑓温泉スキーツアー

雪に埋もれた鑓温泉の画像
山行日時
2003年5月4日(日)
メンバー
単独のち風呂式一行
天候
晴れ
装備
テレマークスキー用具一式

 前日から、風呂式のメンバーが猿倉台地にベースを張って白馬鑓ヶ岳周辺を滑っているはずであったが、日程が合わなかったので私は単独で後を追うことにした。

 朝5時20分頃に家を出て、登山口の白馬村猿倉に着いたのは、午前6時45分頃。猿倉の駐車場はほぼ満車状態だったが、うまいこと1台停めるスペースが見つけられたのでそこに停める。猿倉駐車場の下の道路は路上駐車の車でいっぱいだったので、ラッキーだといえる。ぼちぼち準備をして午前7時15分猿倉出発。

猿倉台地付近の画像

 しばらく林道を行くが、すぐに小日向山方面へ向かう夏道沿いの尾根に取り付く。雪はたっぷりだ。しばらく急な斜面を登ると猿倉台地に出る。猿倉から1時間程度で仲間のテントがある猿倉台地に到着した。ここまでは普通のペースだったが、妙に身体が重い。台地の末端から小日向のコルへの急登にかかる頃にはどんどんペースが落ちてくる。ここしばらく山へ行っていなかったのと、やや睡眠不足な日々が続いているのでだいぶ体力が落ちているようだ。

小日向のコルの画像

 9時40分、バテバテになりながらどうにか小日向のコル到着。あたりには10張りほどのテントがあった。コルの向こう側には目指す鑓ヶ岳方面が堂々としている。水など飲んで一服した後出発。ここからはいったん下りになるので、シールを剥がす。

コルより白馬鑓ヶ岳を望む画像

 手頃な傾斜で快適に下る。下り過ぎないように気を付けて、大きなデブリ手前から右にトラバースして鑓温泉への雪渓に入る。ここで再度シール装着。

 ここからはとにかく登るだけだ。通常単独だとあまり休むことなく、ペースも上がるものだが、とにかく今回はペースが上がらない。足が動かないのだ。50歩歩くまでは立ち止まらないと自分で決めて歩き出すが、知らないうちに立ち止まって大息ついている自分がいた。とにかくしんどい。振り返ってみるが、さっぱり高度が上がっていかない。目指す鑓温泉は遠くに見える雪が解けて地面が露出しているところだろうか、そうでなかったらどうしようとか、弱気なことを考えつつもとにかく足を動かすように気合を入れる。

 やっとのことで、鑓温泉に到着。午前11時30分。腹も減っていたのでとにかくメシにする。仲間はまだ降りてきていないようだ。おにぎりとラーメンで昼食を取る。そうこうしていると、後ろから声をかける人がいた。仲間の村井さんだ。彼も久々の山行で調子が出ないので上には行かずに、ここで温泉に入っていたという。仲間の善田さんと山田さんの二人は上を目指して登って行って、村井さんはここで待っていることにしたそうだ。私ももとよりここより上に登る気はないので、温泉に入ることにする。

温泉に入る私の画像

 温泉はまだ手入れされていないが、お湯に入ることは出来る。底のほうには藻のようなものが溜まっていて、歩くとそれが浮き上がってやや気味が悪いが、じっとしていると大丈夫。やや熱いお湯であったが、気持ちよく汗を流す。前から一度は入りたいと思っていた温泉だけに大変満足。

 風呂から上がって、ビールで喉を潤す。上に行っている二人を待っていても、帰りの小日向のコルへの登りで置いていかれるに違いないので、村井さんと相談して、先に下ることにする。幸い携帯で連絡を付けることが出来た。

 13時温泉出発。雪はだいぶ腐っていて重いザラメ。それでも上部は快適に滑ることが出来た。下へ来るに連れてだいぶ引っ掛かるようになったが。

快適に滑降する村井さんの画像

 小日向のコルへの登りに備えて、シールを装着していると善田さんと山田さんが追い付いてきた。先に出発するが直に追い付かれるだろう。案の定半分も行かないうちに追い付かれた。温泉で汗を流してきたのだが、この登りでまた汗だくになる。やっとの思いでコルに這い上がる。コルで村井さんが持っていた1本のビールを4人で一口づつありがたくいただく。

 さて、ここからは登りはない。下るだけだ。やや急な斜面をひと滑りすれば、もう猿倉台地の上部だ。ゆるい台地をしばらく下ると、風呂式のベースのに着いた。14時40分。

 テントの撤収や後片付けがすむのを待って、いっしょに猿倉へ下山する。猿倉到着、15時15分。

 久々の山行でバテバテだったが念願の鑓温泉に入ることが出来たし、結構楽しく滑れたので満足の行く山行でした。


トレッキングへ戻る

トップページへ戻る


info@noasobi.net