Homeより、トレッキングとリンクをたどるとこの文章「戸隠XCスキーツアー」に行きつきます。

戸隠XCスキーツアー

池の上の木下さん

 2000年2月13日(日)に、戸隠高原へXC(クロスカントリー)スキーツーリングに行ってきました。

参加者
大坂、山田、本村雅、本村恭、能登、村井、木下、大和

 富山県朝日町を6時すぎに出発。親不知インターより北陸道に入る。約2時間で戸隠に着いた。高速道路の整備のおかげで、戸隠も近くなったものだ。(^_^)

 奥社入り口の駐車場に車を止めて、ツアーの起点となる越水が原を目指す。適当に道やら、雪の原を歩くと、旧越後道に入ることができた。いよいよ出発。8:40

越水が原付近

 ほぼ下り勾配で、旧越後道を戸隠牧場を目指して進む。雪質は極めて軽く、堅い層の上にふんわり載っているので、すごく快適。(^_^)

戸隠牧場

 牧場の入り口で、逆さ沢を渡り、いよいよ牧場へ突入。牧場の東屋でしばし休憩。天候は小雪が舞っているがさほど悪くない。しかし、山の上はガスっていて、眺望はあまり無い。

唐松林の中を随神門を目指して進む

 牧場より、丸山のコルを目指して進むが、遊歩道を外してしまったので、小さな沢を渡るのに苦労する。積雪が少なく、沢が埋まっていないのだ。

随神門付近での楽しい昼食

 随神門に着いたところで、大休憩とする。ビールで乾杯! 1時間半ほど休んだ。

奥社へ向かう参道の巨大な杉並木

 奥社へは行かずに、巨大な杉並木のみ見学。本当に立派な参道だ。

鏡が池より戸隠連山を望む

 天命稲荷を経由して、じきに鏡ガ池へ。池の上は歩けたが、ストックで雪を掘り返してみると、すぐに水がにじみ出てきた。あの池は浅い沼のようなところなのだろうか?

池の上を歩く

池の横が開けた斜面になっていたので、ひとしきり、テレマークターンの練習会になる。ダブルキャンバーの板だと、待っていても板が回ってこないので、やはり、それ専用のものに比べるとターンは難しい。

開けた斜面を見つけてテレマーク!

森林植物園を通って、奥社入り口に戻った。奥社入り口着。14:30

中社まで車で移動して、蕎麦を食って帰った。


2001年度の戸隠XCスキーへ


トレッキングへ戻る

トップページへ戻る


info@noasobi.net