Homeより、トレッキングとリンクをたどるとこの文章「2002年1月14日の新田山」に行きつきます。

2002年1月14日の新田山

新田山全貌
山行日時
2002年1月14日(月)
山名
新田山(しんでんやま)
天候
晴れ
メンバー
山田秀、山田宏、森田薫、木下、村井、能登忍、大和(以上、風呂式)

 午前7時30分に朝日町役場に集合。 若干遅刻者もあったが、忍さんの車1台に全員乗り込み、下道を走り1時間強で焼山温泉に着いた。

 ビーコンの装着など、 もたもたしつつも、9時20分頃、焼山温泉のスキー場を出発。 リフトは使わず、スキー場内もシールで登った。スキー場を出て、しばらくは田んぼの中の林道らしきところを行く。 素晴らしくいい天気で、雪面はカチカチ。 ラッセル皆無。わずかにスキーの跡が残る程度に雪は締まって春山のよう。

取り付の急斜面

 体が少し暖まった頃、左手にいい斜面が現れる。 ここを適当にジグザグを切って登る。 スキー入門の木下さんは急斜面でのキックターンに難儀していた模様。私は森田師匠直伝の抜足のキックターンに慣れ快適、快適。

硬く締まった雪面を行く

 一段登って、一服。 雪が堅いので、今回はなるべくゆっくり登って雪がゆるむのを待つ作戦。 鉢山〜阿弥陀〜烏帽子の山が素晴らしい景観を見せ、じっくり堪能。

 林道をしばらく進んでから、 山に取り付くチームとまっすぐ杉林に突っ込むチームに分かれて、こっちのほうが楽だとか言い合いながら先へ進む。 結果は、 ほぼ同時だったが、ルートがわかったので、次回は杉林のほうが速いでしょう。

 さらに、目指す斜面は広大で、どこを歩いても勝手にしやがれ状態なので、ラッセルも無いのをいいことに、各自好きなルートを気ままに進む。

どこでも好きに歩けた

 11時45分、山頂らしきところ到着。火打山や焼山の景観が素晴らしい。昼食宴会とする。雪はまだ堅い。

 だいぶ宴会時間を長くとったが、まだたいして雪はゆるんでいない。 まぁよしとして、スタート。ゲレンデ並みに快適。

快適に滑降
中間部あたり

 下るにつれ、ときおりモナカ状になったところが現れ、次第に増えてくる。荷重をかけないうちはいいのだが、 ターンしようと荷重すると、モナカが破れてバランスをくずすことが頻発。 次第に難儀な状態に。こんなことなら、雪が堅いうちにおりたほうが良かったか。

 一息入れて、最後の壁に挑む。全員、撃沈。

最後の斜面

 帰りの林道は、実に爽快。あっという間に焼山温泉スキー場へ。

 焼山温泉で風呂に入りパンダを見学して帰宅。


2000年の新田山の記録へ


トレッキングへ戻る

トップページへ戻る


info@noasobi.net