Homeより、トレッキングとリンクをたどるとこの文章「北又谷(又衛門滝〜魚止滝)を巡る」に行きつきます。

北又谷(又衛門滝〜魚止滝)を巡る

(1999年度朝日岳方面遭対協秋の訓練)

又衛門滝

 99年度の北アルプス朝日岳方面遭対協の秋の訓練が、黒部川支流黒薙川支流北又谷の又衛門滝周辺で行われた。我々朝日岳方面遭対協としては、もし遭難事故が起こった場合に最も救出が困難な地帯の1つである。また、沢登りのパーティのみならず、釣り師や山菜採りなど登山以外での入山者も結構多い地帯でもある。したがって、事故も結構おきている。例えば、98年度には釣り師が落石で指をつぶす事故があり、この時は幸い、恵振谷出合いで県警ヘリ「つるぎ」によって釣り上げ、迅速に救助が行われた。しかし、この辺一帯は谷が狭いために、ヘリの進入が困難であり、まして悪天候のときは、まったく当てにできないので人力による救助しかない。
 というわけで、今回の訓練は、いかに早く現場にたどり着くか、というのと付近の地形把握がメインテーマであった。

又衛門滝は大きな釜を持つ

北又谷本流と恵振谷の出合いのすぐ上流にあるのが又衛門滝

恵振谷F1にて

恵振谷出合いより大釜淵を目指す。

訓練の講師は富山県警山岳警備隊
『幻の』魚止滝

通称「魚止滝」は元は7m位あったが、平成7年の水害で埋まってしまい、現在は「幻の魚止滝」になってしまった。(^^; それでも年々少しずつではあるが落差は出て来ていると言われている。現在落差1m弱くらいか。左から泳いで取り付き、釜にまかれたという話をよく聞きます。通過の際は注意を!

「魚止め」下流付近

今回、天気は良かったのだが、水が冷たくカッパを着用して行動。(^^;

実施日
1999年10月23日〜24日
参加人数
10人(うち富山県警山岳警備隊2名)
コース
越道峠〜恵振谷出合い(泊)〜サワシバ〜魚止滝〜長瀞〜曲がり谷〜朝日岳登山道2.5合目〜北又小屋

トレッキングへ戻る

トップページへ


info@noasobi.net