Homeより、トレッキングとリンクをたどるとこの文章「2002年6月16、17日の朝日岳」に行きつきます。

2002年6月16、17日の朝日岳

 2002年6月16日の小屋開けに登った時の画像です。例年より残雪は少ないとは言うものの、1週間程度雪解けが早い程度で、現状ではまだまだ雪は多いので、雪上歩行に慣れない方は軽アイゼン等持参されたほうが良いと思います。

 6月17日には朝日岳山頂を経由して吹上のコルまで行ってきました。朝日岳の新潟県側は頂上直下を除けば、夏道が完全に出ており、まさに花盛りですが、吹上のコルよりも下、蓮華温泉への道はまだまだ残雪が多く、通行には十分注意する必要があります。

 夕日が原もまだまだ雪が多く、登山道もまだ出ていないことから、視界不良時は充分に注意して歩かないと道を外す恐れがあるので注意が必要です。

小屋開け直後の朝日平

朝日小屋前の残雪状況

頂上への登山道より朝日平を望む

頂上への登山道の残雪状況

朝日岳頂上直下より吹上のコル方面を望む

吹上のコル付近のウルップソウの群落

朝日岳頂上直下の残雪状況(蓮華温泉側)

水源地のトラーバース付近の残雪状況

夕日が原の残雪状況1

夕日が原の残雪状況2

夕日が原の残雪状況3

馬の瀬より恵振山を望む

恵振山より朝日岳を望む


朝日岳情報へ戻る

トレッキングへ戻る

トップページへ戻る


info@noasobi.net